愛犬の病気予防に役立つ果物・野菜の力!webp

果物・野菜の能力!愛犬の医療費削減につながる効能効果を徹底解説

愛犬の病気予防に役立つ果物・野菜の力!webp

 果物・野菜の能力!愛犬の医療費削減につながる効能効果を徹底解説



果物や野菜が愛犬にどのような効能効果をもたらすのか徹底調査しました。

あなたの愛犬にとって病気の予防に繋がりそうな食材であれば、ドッグフードにトッピングすることで、健康を崩す前に、日々の食生活で予防出来れば、医療費削減にも繋がるのではと思います。

*愛犬の医療費は削減できるのか!?

私達と同じように、愛犬も年齢に応じて日々大なり小なり体調に変化がおきます。私達が体調を崩して病院にかればば、医療費は二割~三割程度の負担で済みますが、愛犬は実費になります。症状、医院で若干の違いはありますが、おおよそ下記の医療費がかかります。

*年齢別の傷病ランキング

順位 0歳 1~6歳 7歳以上
1 下痢 皮膚炎 皮膚炎
2 外耳炎 外耳炎 腫瘍
3 皮膚炎 胃腸炎 心臓病
4 遺物誤飲 遺物誤飲 歯周病
5 胃腸炎 下痢 外耳炎

皮膚炎の治療費用:40,000円~70,000円程
胃腸炎の治療費用:5,000円~20,000円程
外耳炎の治療費用:3,000円~5,000円程
歯周病の治療費用:50,000円~
心臓病の治療費用:4,000円~10,000円程/月(薬代)
遺物誤飲の治療費用:50,000円~200,000円程
*参考資料:ペット保険比較アドバイザー

*手術別の保険金請求が多い傷病ランキング

順位 傷病名 参考診療費
1 腫瘍 皮膚腫瘍を手術例(90,400円)
2 歯周病 全身麻酔で歯石除去と抜歯例(97,300円)
3 骨折 骨折手術例(308,700円)
4 遺物誤飲 全身麻酔で内視鏡で異物摘出例(89,000円)
5 膝蓋骨脱臼 ずれた膝蓋骨の手術例(254,000円)

※この参考診療費等のデータは一例で、一般的な平均・水準を示すものではありません。
*参考資料:アイペットの保険金請求データを元にしたサンプル調査

愛犬にかかる医療費は私達の生活にも、かなりの負担になります。細かい制限はありますが、ペット保険に加入すれば、保険料 2,480円/月~ で医療費の50%~90%程カバーできます。(アイペット損害保険株式会社調べ)

私の愛犬はポメラニアンですが、散歩のときに、側溝をカバーしてある小さな穴に足を踏み入れ、骨折はしませんでしたが、完治する一ヶ月間は不自由な思いをさせました。日頃からもっと愛犬に注意を払っていれば、避けられた出費だと、後悔しています。

また、愛犬の日常の食生活でその病気予防ができるのであれば、医療費削減につながり試す価値は多分にあると思います。

*愛犬が食べることができる人間の食品(効果)

ヨーグルト ミルク チーズ

詳細

詳細

詳細

詳細
キヌア マグロ 豚肉 サーモン


詳細

詳細


詳細


詳細

エビ マグロ

詳細

*出典:AMERICAN KENNEL CLUB 調べ

*愛犬が食べてはいけない人間の食品(理由)

ナッツ類
チョコレート アイスクリーム
詳細
詳細
詳細
パン類 シナモン

詳細

詳細

*参考資料:AMERICAN KENNEL CLUB 調べ

*愛犬に与えてもいい果物(効果)

果物 主な成分、期待される効果、詳細 果物 主な成分、期待される効果、詳細
スイカ βカロテン、シトルリン、リコピン、ビタミンC

心臓機能調節、免疫力アップ、老化防止、疲労回復作用
詳細

アセロラ ビタミンC、アントシアニン、ケルセチン、葉酸、ビタミンE,銅

白内障の予防、造血作用、老化予防、視覚機能改善、抗炎症作用
詳細

イチゴ カリウム、葉酸、ペクチン、ビタミンC、食物繊維、アントシアニン

心臓機能の調節、結石予防、老化・ガンの予防効果、造血作用、腸内環境の改善、視力・視覚機能の改善、眼精疲労の予防
詳細

メロン

カリウム、ビタミンC
アデノシン、βカロテン、葉酸 心臓機能の調節、結石予防、被毛・皮膚や粘膜の健康を維持、老化・がんの予防、造血作用、視力機能補助作用
詳細
ココナッツ ラウリン酸、中鎖脂肪酸、食物繊維、カリウム、マンガン、鉄、銅

心臓機能の調節、結石予防、抗炎症作用、被毛の保護、口臭予防効果、運動能力の向上作用、認知症抑制効果、骨・肝臓の酵素の活性化作用、脈硬化の予防、皮膚の治癒補助
詳細

      食物繊維、炭水化物、タンニン、ビタミンC、βカロテン、カリウム、マンガン、葉酸

心臓機能の調節、腸内環境改善、結石予防、被毛・皮膚や粘膜の健康維持、視力機能補助、造血作用、老化・ガンの予防効果、薬物の解毒作用
詳細

      有機酸,カテキン、ビタミンE

疲労回復促進効果、皮膚疾患への抗炎症作用、抗菌・酸化予防、老化の抑止、虫歯、口臭予防、生活習慣病予防
詳細

     和梨・洋梨 アスパラギン酸、プロテアーゼ

消化機能の向上効果、疲労回復効果
詳細

オレンジ

ペクチン、ビタミンC、ヘスペリジン、葉酸、βカロテン

老化・ガンの予防、造血作用、毛細血管強化作用、腸内環境改善、被毛・皮膚・粘膜の健康維持、視力機能補助、動脈硬化の予防
詳細

キウイ アクチニジン、有機酸、ビタミンC、ビタミンE、カリウム

心臓機能の調節、老化・ガンの予防、造血作用、視力機能補助、疲労回復効果、抗菌・酸化防止、消化促進効果、結石予防、腸内環境改善、被毛の色艶維持
詳細

マンゴー

ビタミンE、βカロテン、ビタミンC、葉酸

皮膚・粘膜の健康維持、視力機能補助、老化・ガンの予防効果、造血作用、免疫力アップ、皮膚疾患への抗炎症作用
詳細

バナナ ビタミンC、カリウム、食物繊維、炭水化物、ビタミンE、アストリンゼン

心臓機能の調節、結石予防、被毛・皮膚・粘膜の健康維持、視力機能補助、皮膚粘膜の保善、老化・ガンの予防、疲労回復作用、造血作用、収れん作用
詳細

 

ビタミンC、カリウム、炭水化物、食物繊維、葉酸、ビタミンE、マンガン、パントテン酸

心臓機能の調節、結石予防、腸内環境改善(便秘の予防)、被毛の色艶維持、薬物解毒作用、抗炎症作用、簡脂肪の予防、皮膚・粘膜の健康保全、疲労回復機能、造血作用、皮膚の炎症防止、老化・ガンの予防
詳細

 

*愛犬に与えてはいけない果物(理由)

果物 症状

果物

症状
ブドウ 不明

急性腎障害、最悪の場合、命の危険有り

詳細

イチジク

ソラレン、フィシン

中毒を引き起こす、最悪の場合、命の危険有り

詳細

ドライフルーツ 葡萄、イチジク、プルーン、レモン、チェリー等がNG

腸閉塞の原因、急性腎障害

詳細

プルーン シアン化合物(アミグダリン)

青酸中毒、腸閉塞の可能性

詳細

アボカド

ペルシン、

腸閉塞の原因、ペルシン中毒、嘔吐、下痢、軟便、命の危険有り

詳細

レモン  

クエン酸

詳細

チェリー

シアン化物、アントシアニン、βカロテン、カリウム、葉酸、ビタミンC

心臓機能の調節、結石予防、視力・視覚機能改善、被毛・皮膚・粘膜の健康維持、造血作用、老化・ガンの予防
詳細

 

 

*愛犬に与えていい野菜(効果)

野菜 主な成分、期待される効果、詳細 野菜 主な成分、期待される効果、詳細
ニンジン リコピン、食物繊維、βカロテン、カリウム、ビタミンK

心臓機能の調節、結石予防、腸内環境改善、被毛・皮膚・粘膜の健康維持、視力機能をサポート、血液凝固補助
詳細

トマト リコピン、カリウム、βカロテン、ビタミンC、有機酸、ビタミンE、葉酸、ビオチン

老化・ガンの予防、皮膚の炎症を防止、造血作用、皮膚や粘膜の健康を維持、心臓機能の調節、結石予防、疲労回復作用
詳細

サツマイモ カリウム、食物繊維、ビタミンE、ビタミンB1、炭水化物、ビタミンC

腸内環境改善、心臓機能の調節、結石予防、老化・ガンの予防、薬物解毒作用、皮膚粘膜の保善、造血作用、疲労回復促進効果、肝脂肪の予防
詳細

キュウリ カリウム、βカロテン、ビタミンK、銅、葉酸、有機酸

心臓機能の調節、結石予防、皮膚・粘膜の健康維持、血液凝固補助、視力機能補助、被毛の色艶維持、疲労回復促進効果、造血作用
詳細

大根 カリウム、カルシウム、βカロテン、ビタミンC、食物繊維

心臓機能の調節、骨や歯を構成、皮膚・粘膜の健康維持、視力機能補助、腸内環境改善、老化・ガンの予防効果、運動能力の向上作用、造血作用、発育促進作用
詳細

カボチャ カリウム、βカロテン、ビタミンE、ビタミンC、食物繊維、パントテン酸

心臓機能の調節、結石予防、被毛・皮膚・粘膜の健康維持、視力機能補助、老化が原因の疾病予防、肝脂肪の予防、薬物解毒作用、腸内環境改善、老化・ガンの予防
詳細

ナス ナスニン、カリウム、食物繊維、ビオチン、βカロテン

心臓機能の調節、結石予防、腸内環境改善、被毛・皮膚・粘膜の健康維持、視力機能補助、老化・ガン予防作用、疲労回復促進効果、造血作用、
詳細

ホウレンソウ βカロテン、カリウム、ビタミンE、ビタミンK、葉酸

腸内環境の改善、被毛・皮膚・粘膜の健康維持、視力機能補助、心臓機能の調節、視力機能補助、結石予防、運動能力の向上効果、被毛の色艶維持、血液凝固補助、造血作用、老化・ガンの予防

詳細

ジャガイモ カリウム、有機酸、パントテン酸、食物繊維、ビタミンC、ビタミンB6

腸内環境改善(便秘の予防)、疲労回復促進効果、心臓機能の調節、結石予防、皮膚粘膜保善、薬物解毒作用、老化・ガンの予防
詳細

トウモロコシ カリウム、食物繊維、ビタミンC、ナイアシン、リン

心臓機能調節、皮膚粘膜保善、腸内環境改善、皮膚の保護維持、骨‣歯の強化、学習能力向上作用、薬物の解毒作用、造血作用、老化疾病予防、感染症防止、被毛の色艶維持、皮膚粘膜保善、腸内環境改善、皮膚の保護維持
詳細

キャベツ ビタミンC、キャベジン、葉酸、ビタミンK、有機酸、βカロテン、ビオチン

潰瘍の予防、腸内環境の改善、血液凝固補助、疲労回復作用、被毛・皮膚・粘膜の健康維持、造血作用、老化・ガンの予防効果、皮膚の炎症防止
詳細

レタス カリウム、βカロテン、葉酸、ビタミンC、ビタミンE、ビタミンK

心臓機能の調節、造血作用、結石予防、被毛・皮膚・粘膜の健康維持、視力機能補助、老化・ガンの予防、血液凝固補助
詳細

ブロッコリー βカロテン、ビタミンK、カルシウム、葉酸、スルフォラファン、マグネシウム

被毛・皮膚・粘膜の健康維持、視力機能補助、運動能力の向上期待、薬物解毒作用、腸内環境改善、造血作用、ピロリ菌の除去、老化・ガン予防、肝臓障害の予防、視力機能補助、花粉症対策
詳細

アスパラガス アスパラギン酸、カリウム、βカロテン、葉酸、ビタミンE、ビタミンK

血液凝固補助、被毛の色艶維持作用、老化・ガンの予防効果、薬物の解毒作用、疲労回復作用、結石予防、腸内環境改善、造血作用、心臓機能の調節、視力機能補助、
詳細

もやし 葉酸、ビタミンK、ビタミンE、銅、食物繊維

腸内環境改善、被毛の色艶維持、皮膚疾患への抗炎症作用、老化が原因の疾病予防、血液凝固補助、造血作用
詳細

ピーマン βカロテン、ビタミンC、ピラジン、ルテオリン、ヘスペリジン

腸内環境改善、疲労回復促進効果、血液浄化作用、視力機能補助、老化・がん予防、被毛・皮膚・粘膜の健康維持、発育促進作用、血液凝固補助、造血作用、肝臓の解毒作用
詳細

水菜 カリウム、カルシウム、βカロテン、ビタミンC、葉酸、ビタミンE,ビタミンK

腸内環境改善、心臓機能の調節、結石予防、運動力・学習能力の向上、被毛・皮膚・粘膜の健康維持、視力機能補助、老化が原因の疾病予防、造血作用、肝脂肪の予防、薬物の解毒作用、皮膚の炎症を防止、老化・ガンの予防効果
詳細

ゴボウ アルギニン、アスパラギン酸、食物繊維、カリウム、葉酸

造血作用、腸内環境改善、被毛の色艶維持、心臓機能の調節、皮膚疾患への抗炎症作用、老化が原因の疾病予防、疲労回復作用、皮膚の新陳代謝を促進
詳細

オクラ カルシウム、カリウム、βカロテン、ビタミンE、食物繊維、葉酸

腸内環境改善、結石予防、血液凝固補助、心臓機能の調節、疲労回復促進効果,骨格の構成、被毛・皮膚・粘膜の健康維持、視力機能補助、皮膚疾患への抗炎症作用、老化が原因の疾病予防、造血作用、老化・ガンの予防作用
詳細

さやいんげん βカロテン、カリウム、葉酸、食物繊維、ビタミンK、ビオチン

腸内環境改善(便秘の予防)、疲労回復促進効果、心臓機能の調節、結石予防、被毛・皮膚・粘膜の健康維持、血液凝固補助、視力機能補助、造血作用、抗炎症物質生成、抗炎症作用
詳細

 

山芋 アミラーゼ、アルギニン、カリウム、銅、パントテン酸

心臓機能の調節、結石予防、被毛の色艶維持、薬物の解毒作用、動脈硬化、心筋梗塞、脳梗塞の予防効果、皮膚の炎症防止、肌の保湿効果、性機能回復効果
詳細

 

*愛犬に与えてはいけない野菜(理由)

野菜

症状 野菜 症状

タマネギ

有機チオ硫酸化合物、赤血球を破壊、溶血性貧血を起こす
詳細
ニンニク 有機チオ硫酸化合物、赤血球を破壊、貧血、下痢、嘔吐を起こす
詳細
銀杏 中毒物質メチルピリドキシン、1粒でも重症化
詳細

*ドッグフードにトッピングする適量(目安)

犬には個体差があり、年齢・活動量・代謝・住環境などにより、適切な給与量は大きく異なります。まずは給与量の下限から始め、適宜調節していくことをおすすめします。

愛犬の体重 一日に与える給与量 トッピングする量約10%
1~5 kg 25~80 g 3~8 g
5~10 kg 80~140 g 8~14 g
10~15 kg 140~190 g 14~19 g
15~20 kg 190~235 g 19~24 g
20~25 kg 235~275 g 24~28 g
25~30 kg 275~315 g 28~32 g
30~35 kg 315~360 g 32~36 g

このトッピングする量は一日の給与量の10%として計算した量です。
適量の判断は愛犬の飼い主さんが一番わかると思います。
上記のデータは参考程度にしてください。

*アレルギー反応に要注意

人間でも人により、いろんな食材対してアレルギー反応が出たり出なかったりします。愛犬も同じです。初めての食材を与える際は、少量からスタートしましょう。以下の症状が見られた場合は、アレルギーの可能性があります。

・下痢
・嘔吐
・皮膚のかゆみ
・目の充血
・元気がない

Be careful of allergic reactions

食べた際に上記のような症状が現れた場合は、獣医師に相談しましょう。

*全国の夜間専門動物病院一覧

かかりつけの動物病院がしまっている夜間に突発的なアクシデントが発生すると、うろたえてしまいます。そんな時は夜間専門で対応する動物病院が頼りになります。夜間診療のため、必ず事前に電話連絡してください。

いつごろ、どのくらいの量を食べたか、症状が出ていたらどうしたらいいかなど、できるだけ詳しくメモをして動物病院へ連れていくか、電話で問い合わせてください。

仙台獣医師会夜間救急動物病院 日本小動物医療センター
仙台市宮城野区苦竹1丁目2-51
TEL:022-794-9985 営業時間 21:00~5:00
http://www.svet.jp/yakan/
埼玉県所沢市東所沢和田1丁目10番4号
TEL:04-2946-7313 営業時間 21:00~5:00
https://jsamc.jp/services/yakan.html
F&S動物救急部 東京動物夜間病院
アニマル・ドクター・カーで
自宅付近へ往診
TEL:03-5941-2552 営業時間 20:00~3:00
https://help-life.info/
東京都品川区平塚2-5-8
TEL:03-5702-0012 営業時間 21:00~5:00
http://animal24.tokyo
夜間救急動物医療センター DVMs どうぶつ医療センター横浜
神奈川県平塚市片岡21-1
TEL:0463-59-5900 営業時間 21:00~6:00
https://www.city.isehara.kanagawa.jp/
docs/2013040100416/
神奈川県横浜市神奈川区沢渡2−2 第二泉ビル2F
TEL:045-473-1289 営業時間 21:00~2:00
https://yokohama-dvms.com/
湘南夜間救急動物病院 北摂夜間救急動物病院
神奈川県藤沢市片瀬4-14-8
TEL:0466-26-9912 営業時間 9:00~6:00
http://www.seamec2006.com/
大阪府箕面市船場東2丁目3−55
TEL:072-730-2199 営業時間 21:00~6:00
http://www.heah.jp/
京都夜間どうぶつ診療所 福岡夜間救急動物病院
京都府久世郡久御山町佐山西ノ口10-1日本ファミリービル 1F
TEL:0774-44-3139 営業時間 20:00~2:00
http://nac-kyoto.com/
福岡県福岡市博多区月隈5-2-40
TEL:092-504-8999 営業時間 21:00~5:00
http://www.pet99.net/

*まとめ

愛犬に(与えていい人間の食品、与えてはいけない人間の食品、与えてもいい果物、与えてはいけない果物、与えていい野菜、与えてはいけない野菜)と紹介してきました。あなたの愛犬の健康改善に少しでもお役に立てればと思います。

主食のドッグフードは栄養バランスを考えて成分が配合されています。なので、あなたの愛犬の健康を少しでも改善でき、医療費削減につなげる為に、症状に合わせた食材をトッピングする参考にしてください。

愛犬と長く楽しく暮らすためにも、愛犬の健康管理は重要ですね。

Canagan dog food chicken with health-improving toppings